​パーキンソン病とは

身体の動きが悪くなってきた、筋肉がこわばるような感じ、ふるえる、転びやすくなった・・・
それは、年齢のせいと思っていませんか?これは、パーキンソン病の症状のあらわれかもしれません。

その他にも、便秘で困っている、排尿の問題やにおいが感じにくくなった、夜中に大声を出すことなどは、ごく初期にあらわれる症状でもあります。
パーキンソン病で代表的な運動症状は次の4つです。

いずれの症状も、症状の強さに左右で差があるのが大きな特徴です。

①振戦 (手足が震える)

座って何もしていない時や寝ている時に、手足が小刻みに震えます。

動いたり、何かしようとするときには、震えが止まることが多いのが特徴です。

パーキンソン病の最も代表的な症状です。

②筋固縮 (筋肉がこわばる)

筋肉がこわばり、身体がスムーズに動かなくなります。

歯車のように規則的な動きになる場合を歯車現象、こわばりが続く場合を鉛管(えんかん)

現象と呼びます。

​③無動・寡動 (動きが鈍くなる)

素早い動作ができなくなります。

動きが小さくなり、歩いているときにもほとんど手を振らなくなります。

一度にいくつもの動作をしようとすると、さらに動きが鈍くなります。

​④姿勢反射障害 (体のバランスがとりにくくなる)

立っているとき、軽く押されるとバランスを崩してしまいます。

バランスを崩すと元に戻しづらくなり、転んでしまうことがあります。

これは進行すると出てくる症状です。

(重症度分類でヤールⅢ度と呼ばれます。この状態になると難病の治療費が補助されます)

logo.gif

TEL 072-760-3860

FAX 072-760-3861

              

診療は予約制